私は先日、あるボイトレ教室の 無料体験レッスンに申し込み、実際レッスンを受けてきました。

 

実は私、重度の音痴です。

 

というか、音痴と言われています。

 

正直、私としてはとてもうまく歌っている気持ちなんですが…

 

カラオケとかに行くと毎回大笑いされます。

 

 

という事でとても悩んでいました。

 

 

そんな時にこちらの 無料体験レッスンを見つけたのです。

 

 

「お金かからないし…とにかく1回行ってみよう!」

 

 

 

このサイトでは、こんな私がボイトレの無料体験に行った感想を言っていきます。

ボイトレの無料体験に行った感想

私がボイトレの無料体験に行った感想をこれから述べていきますが、皆さんは何よりこのことが知りたいんじゃないでしょうか?

 

「私は歌がうまくなったのか?」

 

結論から申し上げます。

 

残念ながら無料体験レッスンでは歌はうまくなりませんでした。

 

 

しかし…

 

私は、音痴であることが自覚でき、歌がうまくなるコツがわかりました!!

 

 

 

このことを踏まえ、ボイトレの無料体験に行った感想ですが、まず当日の流れは、簡単なアンケートを書いたあと、先生とマンツーマンで30分くらいレッスンしていただく…といった感じでした。

 

ちょっと緊張していたのですが、明るく出迎えてもらい一気に緊張が和らぎました。

 

レッスンしてくださった先生もとても優しく、ありのままの私を出せました。

 

 

そして、私の現在の問題点を指摘してくださり、その理由を詳しく解説もしてくれました。

 

 

正直、私は友人から音痴と言われていましたが、いまいちその自覚がありませんでした。

 

しかし、先生のご指摘でいろいろわかりました。

 

 

30分ほどの無料体験レッスンのあと、10分ほどカウンセリングをしていただきその日は終了となりました。

 

感想としては、本当に有意義な時間を過ごすことができました。

 

今までわからなかった点がクリアになったのでスッキリもしました。

ボイトレの無料体験で歌がうまくなるコツがわかったのはなぜか?

ボイトレの無料体験に言った感想の中で、
「私は、音痴であることが自覚でき、歌がうまくなるコツがわかりました!!」
と申しました。

 

この理由を述べていきたいと思います。

 

先生は、無料体験レッスンの中で、私が音痴である理由を分析して教えてくださったからです。

 

理由は2個あって
自分がいま出している音を耳で聴きとれていない
出せる音域が極端に狭い

 

ということを言われました。

 

人は歌を歌う時、自分が出している音を自分の耳で聴きとって正確な音が出ているか判断しているそうなんです。
私はそれが…というかその感覚がわかりませんでした。

 

あと、歌には音階があって、高い音から低い音と様々な音を出すわけですが、その上げ下げも出せる音域が狭ければ出すことが出来ないわけですが、私が出している音域もどうなのかわかりませんでした。

 

 

先生は、私に
自分がいま出している音を耳で聴きとれていない
出せる音域が極端に狭い

 

事を自覚させてくれたのです。

 

 

要は、音痴である理由がわかり自覚も出来ました。
結果、歌がうまくなるコツが分かった!!

 

というわけです。

では、どうやって私は音痴である理由がわかり自覚も出来たのか?

ボイトレの無料体験で先生は、私に音痴である自覚をさせてくれたのでしょうか?

 

実はただ歌を歌ったわけではないんです。

 

 

 

バケツをかぶって歌を歌った

 

無料レッスンの冒頭、先生がバケツを持ってきておもむろにかぶせました。

 

「パワハラレッスン!?」

 

と最初思いました。

 

そうすると、いきなり前奏が始まって歌うように言うのです。

 

しょうがないので歌ったわけですが…

 

びっくりしました!!

 

私の歌声に。

 

普段は歌っているときに歌っている声は聞こえませんでした。

 

 

バケツをかぶると聞こえるんですね…そして

 

とても恥ずかしくなりました。

 

 

「これじゃ言われるな。音痴って」

 

ごもっともであると今さら気づかされたのです。

 

 

しかも、分かったところで音程を直そうと思っても治りません。

 

ほぼフラットな音程で叫ぶだけw

 

 

音痴とは一発でわかりましたが困りました。

 

 

そこで出てきたのが…

 

 

 

 

割りばしをくわえた状態で発声練習

 

私の状態が分かったところで、先生は割りばしを2本持ってきました。

 

それで…
割り箸は縦にした状態で、左右の奥歯で軽く噛む
割り箸を軽く噛んだ状態で「あー」っと発声
短くではなく、できるだけ長く「あー」っと発声
次は割り箸を外し、普通の状態で同じく「あー」っと発声

 

を何度か繰り返しました。

 

割り箸を噛んだ状態と、割り箸を外した状態では、声を発声した時に喉の開き具合など発声が違っているんだそうです。

 

割り箸をくわえた状態で発声すると、のどが開いた状態で発声出来るそうです。

 

のどを自在に開くことが出来れば、音域のコントロールも出来るようになるそうです。

 

 

割りばしに関してはくわえて発生するといつもと違う感覚はありましたが…

 

一回のレッスンではここまでが精一杯でした。

 

 

しかしながら、ボイトレの無料体験で私は、音痴である自覚ができました。

音痴に関して、例えばインターネットで調べても…

私は音痴です。

 

イマイチわからなかったですが…

 

 

ただ、音痴に関してインターネットでよく調べていました。

 

「音痴を直したい」

 

という気持ちは強かったからです。

 

 

実際、先ほどまで説明させていただいた方法は、インターネットにも載っています。

 

ただ、私一人では何もしませんでした。

 

どうしたらよいかわかりませんでした。

 

イマイチ自覚がなかったこともありましたが…

 

音痴は私一人では直せません!

 

 

ボイトレに限ったことではないですが、
「私の何かを直したい!学びたい!と思ったときには、適切な指導者が必要である」
ことを今回痛感しました。

まとめ

私は先日、あるボイトレ教室の 無料体験レッスンに申し込み、実際レッスンを受けてきました。

 

残念ながら無料体験レッスンでは歌はうまくなりませんでした。

 

 

しかし…

 

私は、音痴であることが自覚でき、歌がうまくなるコツがわかりました!!

 

というのは、レッスン中、先生が私が音痴である理由を分析して教えてくださったからです。

 

自分がいま出している音を耳で聴きとれていない
出せる音域が極端に狭い

 

という2点の理由でしたが、このことが分かっただけでも無料体験レッスンを受けれて良かったと思います。

 

今まで私自身が自覚できていなかった音痴を自覚できた理由は、
バケツをかぶって歌ったことで、歌っているときの私の出している声が分かった
割りばしをくわえて発声練習をしたことで、のどを開くことが音程のコントロールをになう事を教えていただいた。

 

この2点のレッスンによるものです。

 

 

私は、音痴であることにすごいコンプレックスがあって、インターネットですごく調べたりしていましたが、それだけでは改善できませんでした。

 

今回は、ボイトレ教室の 無料体験レッスンを受けたことで、音痴であることを自覚でき、今後歌がうまくなるコツを学ぶことができました。

 

 

最後に感想としては、本当に有意義な時間を過ごすことができました。

 

今後は、実際もっと歌がうまくなれるよう引き続きレッスンをうけていきたいと思っています。